コーチテックはプログラミングが未経験でも入れるの?

未分類

この記事は・・・

  • COACHI TECH(コーチテック)はプログラミングが未経験でも入れるの?
  • プログラミングスキルを身に着けたいけど何から始めればいいか全くわからない・・・
  • プログラミングが未経験でも転職できるのかどうか知りたい!

こんなことを思っている人におすすめです。

コロナショックという、かつてないほどの混乱を経験したことにより、将来に不安を感じて勉強に励む人が増えています。

できることなら、自宅に居ながら稼げるスキルを身に着けたいですよね。

もしあなたが一人で稼げるようなスキルがなくて、未経験からプログラミングスキルを身に着けて転職したいと思っているなら、コーチテックはとてもおすすめできるプログラミングスクールです。

  • コーチテックなら2ヶ月間という短期集中でプログラミングスキルが身につく!
  • 受講者のレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラム!
  • 現役のフリーランスエンジニアから実際の現場で通用するスキルを学べる!

コーチテックは、他のよくあるプログラミングスクールとは違っていて、より効率的なコーチング方式を採用しているので、短期間でプログラミングスキルを身に着けることができます。

あなたのレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラムを組んでもらえるので、プログラミングが未経験だったとしても全く問題ありません。

また、現役のフリーランスエンジニアがコーチングに携わってくれるので、実戦で本当に必要なスキルを身に着けることができます。

とは言っても、いきなりスクールに申し込むのはやっぱり不安がありますよね。

それなら、まずはコーチテックの無料カウンセリングに申し込んでみてください。

実際に話を聞いてみて、「あ、これならいけそうだなっ!」と思った時点で決めればいいことですからね!

コーチテック無料カウンセリング

コーチテックはむしろ未経験者におすすめなプログラミングスクール!

  • オンラインなので他の人の目が気にならない!
  • わからないことはチャットで質問し放題!
  • 卒業後も自分でスキルアップできる力が身につく!

何にでも言えることですが、他の人と一緒に勉強をするときって、周りの目が気になりますよね。

周りの人たちがどんどん進歩しているのに、自分だけ進みが遅いとものすごく焦ります。

一度転んでしまうと、みんなと一緒のペースで進んでいくことが難しくなってしまいます。

でも、コーチテックなら周りの目を気にする必要はありません。

専属コーチとの1対1だし、オンラインでのやり取りが基本になるからです。

また、わからないことがあったとしても、チャットで質問し放題です。

周りを気にせず、「いまさらすぎて、ちょっと質問しづらいな・・・」というような初歩的なことでも遠慮なく質問できます。

さらにコーチテックなら卒業後も自分でスキルアップできる考え方を身に着けることができます。

今までのように、「教えてくれる人がいないから進めない」といったことに恐れる必要はなくなります。

未経験者がプログラミングを習得するのは無理?

システム関連のお仕事をバリバリこなしている人って、ちょっとオタクっぽいところもありますが、ものすごく賢そうなイメージがありませんか?

パソコンのキーボードを華麗に打ち込み続けるその姿は、まさに「できる人」って感じがしますよね。

そういう人のパソコンの画面を少しのぞいてみると、わけのわからないアルファベットがところ狭しとならんでいます。

こういう人たちは、かなり専門性の高い知をも持ち合わせているはずなので、仮に転職をすることになったとしてもあっさりと次の就職先を見つけてしまうでしょう。

その反面、未経験の自分はというと、これといったスキルを持ち合わせていないので、今いる会社を辞めてしまったら次の就職先はもう見つからないかもしれない・・・。

確かに、未経験の状態で何のスキルも身に着けられないまま年を重ねていくと、そのうち本当に転職先はなくなってしまうかもしれません。

転職に強い人材になるためには、専門性の高いスキルを身に着けることが一番の近道です。

それはわかっているけど、自分でプログラミングを勉強しようにも未経験なので、まず何から始めたらいいか皆目わからないし、プログラミングを教えてくれるような人は自分の周りにはいない・・・。

あなたもこんなふうに負のループに陥って動けなくなってしまっているのではないでしょうか?

それならまずは大型書店にいって、ITコーナーで初心者向けの本を一冊買って読んでみることです。。

昔に比べて最近は、いろんなプログラミングに関する本が充実しています。

あれこれ考えこむよりも、まずは最初の一歩を踏み出すことが大切なんですよ。

未経験者は身銭を切って自己投資することが一番の近道!

未経験者がプログラミングスキルを身に着けるためにはまずは最初の一歩を踏み出すことが大事です。

そのあとコツコツ勉強を積み重ねていくわけですが、この方法はお金があまりかからないという利点はありますが、壁にぶつかったときは自分で解決していかないといけないのでものすごく時間がかかります。

当然ですが、未経験者ほど壁にぶつかる回数は多くなります。

これでは転職できるのはいつになるかわかりません。

この問題を解決する方法は1つです。

ずばり、「お金を払ってプロに教えてもらう」ということです。

「できればお金は払いたくない」というその気持ちはよくわかります。

でもその考え方は多くの人が取ってしまいがちな考え方なんです。

そして、結局何も手を付けることがないまま終わっていくパターンですね。

そうではなく、「自分に投資する」という考え方に切り替えてみてください。

投資が小さければ見返りも小さいというのは世の理です。

「転職に困らないほどのスキルを身に着ける」という大きな見返りを得たいなら、それなりの対価、つまり投資が必要です。

プログラミングの未経験者であればあるほど、投資をするのに早いに越したことはありません。

コーチテックなら、現役のフリーエンジニアが専属コーチとしてついてくれるので、本当に必要なプログラミングスキルを効率的に身に着けられるし、転職のアドバイスを受けることもできます。

そういう意味では、プログラミング未経験者にとってコーチテックは、うってつけの投資と言えるはずです。

受け身の考え方ならコーチテックはやめておいたほうがいい

コーチテックは、現役フリーエンジニアによるコーチングスタイルを採用していて、オーダーメイドカリキュラムを提供してくれるので、プログラミング未経験者にピッタリなプログラミングスクールです。

でも、プログラミング未経験者であったとしても、おすすめできない人がいます。

それは、受け身の思考が強い人です。

「コーチテックに入れば転職に困らないほどのスキルを身に着けさてもらえる」というような受け身の考え方を持っている人は、身銭を切ってコーチテックで勉強したとしても、臨んだ結果を得ることはできないでしょう。

コーチテックはよくあるプログラミングスクールのような授業形式のスクールではありません。

専属コーチと一緒に計画をたて、その計画に従い、基本的には一人で勉強を進めていきます。

そして、週に一度の面談で振り返りなどを行い、軌道を修正していきます。

なので、積極的に勉強を進めていくという考え方ができない人は、プログラミングスキルを身に着けることはできません。

つまり、コーチテックは本気でプログラミングスキルを身に着けたい人のためのスクールと言えるでしょう。

コーチテックは未経験者が最初の壁を超えるための手段!

プログラミングが未経験の人からすると、「ものすごく難しそう・・・」と思うかもしれませんが、実際のところ、思っているほど難しいものでもありません。

ただ、「最初の壁が高い」ということは確かです。

プログラム未経験の人にとって、なぜアルファベットの羅列でシステムが動くのかという疑問は皆目見当がつきません。

でも、実際にプログラムを組んでみてシステムが動くところを目の当たりにすると、「ああ、プログラムってこういうものなんだな」と頭と体で理解できます。

その感覚を掴むことができたなら、あとは独学でいろんなスキルを習得していくことができます。

これが、未経験者が乗り越えるべき壁です。

壁を乗り越えられなかったら、ほとんどの場合、挫折します。

挫折した場合、プログラミングアレルギーとも言える感覚を覚え、今後、プログラミングに対して拒否反応が起こることになるでしょう。

なので、この壁は一気に、そして確実に超える必要があります。

ちなみに、壁を乗り越えるときのルールは特にありません。

どんな手段を使ったとしても、乗り越えればOKです。

たとえば、誰かに助けてもらってもいいわけです。

つまり、一人で乗り越えようとせずに、すでに乗り越えた経験のあるベテランの人に越え方を教えてもらうのが得策です。

ロケットで例えるならブースターですね。

このブースターの役割をしてくれるのが、コーチテックです。

コーチテックでは、あなたのレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラムを提供してくれ、専属コーチによるコーチングスタイルでプログラミングスキルを習得していきます。

どんな「できる人」でも最初はみんな未経験!

プログラミングは学校教育にも取り入れられたことにより、世間一般でも認知されるようになりました。

でも、「プログラミングいう言葉はよく聞くけど、実際にどんなことをするの?」という人がまだまだ多いというのが実際のところです。

このことから、プログラミングは高い専門性の知識が必要なスキルと言えるでしょう。

でも、どんなに優秀な人であっても、最初は未経験だったということを忘れてはいけません。

現在、エンジニアとして第一線でバリバリ仕事をこなしている人も例外なく、最初はみんな未経験だったわけです。

そして、未経験者に立ちはだかる「最初の壁」を超えてきたはずです。

その壁を越えて以降、コツコツ勉強を積み重ねた結果、知識とスキルが積みあがっていき、周りから「できる人」と思われるに至りました。

なので、「自分は未経験だから・・・」と落ち込む必要はありません。

まずは小さくても最初の一歩が未経験の自分を「できる人」へと導いてくれるはずです。

コーチテックでスキルを身に着け、転職を恐れない人材に!

平成が終わり、時代は令和になりました。

平成時代は、昭和時代にはほとんど無かった「派遣」という働き方が広がりました。

でも、「派遣」という働き方は格差社会を生むきっかけにもなってしまいました。

1ヶ月をフルタイムで働いたとしても手取りで10万円前後の報酬しか受け取れないという人が続出しました。

同じ職場で同じ仕事をしていても、正社員と派遣社員の給料は大きな差があります。

こんな不公平を感じながら、この先ずっと働いていくのははっきり言ってつらいですよね。

つらいならそんな会社は辞めてしまえという人もいるかもしれませんが、実際はなかなかそううまくはいきません。

「次の転職先が見つからないかも・・・」、「少なくても給料がもらえるだけマシ」という考え方もできますが、それは自分のスキルに自信がないという現われではないでしょうか。

もし、誇れるぐらいの強いスキルがあったとしたら、派遣社員のままでいられるでしょうか?

令和時代はおそらく、法人ではなく、個人が活躍する時代になるでしょう。

そのわかりやすい例がyoutubeです。

実際にyoutubeで生計を立てているというケースも耳にするようになってきましたよね。

以前であれば、個人が動画をアップして収入を得るということは考えられませんでした。

今後は、労働者の足元を見て安い給料で労働力を買い叩いていた企業は淘汰されていくでしょう。

そして、本物のスキルを持った人たちが正当な報酬で働ける時代になっていくでしょう。

そのときに備え、今から準備しておくことはとても大切です。

プログラミングスキルを身に着ければ、アプリ開発、Webサイト開発など、いろいろ応用が利きます。

なぜかというとプログラミングの基本はどのジャンルでも変わらないからです。

もしあなたが、このまま未経験に甘んじることなく、本気で転職に強い人材になるべく、プログラミングスキルを身に着けたいと思っているなら、今すぐコーチテックの無料カウンセリングに申し込んでくださいね!

コーチテック無料カウンセリング

未分類
コーチテックの値段は?どんなプログラミングスクールなの?

コメント