コーチテックは若い年齢の人ばかり?30代じゃダメなのか・・・?

未分類

この記事は・・・

  • コーチテックは20代ぐらいの若い世代の人が多いのか?
  • 過去にスクールに入って挫折したけどやっぱりプログラマーになりたい!
  • 転職に活かせるプログラミングスキルを身に着けたい!

こんなことを思っている人におすすめです。

過去にプログラミングのスクールに入ったことがあるけど、仕事が忙しくて両立できずに挫折してしまった・・・。

それでもプログラマーになりたいという気持ちはずっと持ち続けていたけど、気づけばもう30代も半ばに差し掛かってしまった・・・。

もしあなたが、こんなふうに袋小路に迷い込んでいるなら、コーチテックはとてもおすすめできるプログラミングスクールです。

  • コーチテックを活用している年齢層は20代から30代が中心!
  • 毎週、専属コーチとの面談があるので挫折予防になる!
  • 現役のエンジニアから転職に活かせるアドバイスがもらえる!

一昔前は、プログラマーの条件には「35歳定年説」というものがありました。

でも、IT技術が年々発達している現在は圧倒的な人手不足なので、年齢による制限はなくなりつつあります。

そのため、30代からプログラマーを志す人も大勢います。

実際、コーチテックを利用している人は20代と30代が中心となっています。

また、コーチテックは他のプログラミングスクールとは少し違っていて、専属コーチによるコーチングスタイルで学習を進めていきます。

毎週1回の面談によって、学習の振り返りや今後の方針を決めていくので、挫折しにくくなります。

さらに、専属のコーチは現役のエンジニアなので、現場で必要なスキルなど、転職に活かすためのアドバイスをもらうことができます。

もしあなたが30代という年齢に加え、過去に挫折した経験があったとしても、コーチテックなら転職に活かせるプログラミングスキルを身に着けられます。

本気でプログラミングスキルを身に着けたいと思っているなら、まずはコーチテックの無料カウンセリングに申し込んでくださいね!

コーチテック無料カウンセリング

30代という年齢からプログラマーを目指すのは無謀?

プログラミングは今や学校教育で必修化されるほど一般的になりつつあります。

そうは言っても、プログラミングはまだまだ敷居が高く、専門性の高い分野と言えるでしょう。

それでもプログラミングスキルを身に着けて転職をしたいと思っている人はたくさんいます。

未経験だったとしても、30代という年齢であってもプログラミングを身に着けて転職するという人は珍しくありません。

そのような背景には、現在、IT人材が圧倒的に不足しているという理由が挙げられます。

以前は、「30代になったらプログラミングを身に着けたとしても仕事はない」とよく言われたものですが、それはもはや昔の話。

今までこれといったスキルがなかったことで足元を見られ、低収入に甘んじていた人も収入を上げれる時代になったということです。

30代でプログラミングスキルを身に着けるには?

プログラミングスキルを習得する方法の1つとして、プログラミングスクールがあります。

30代という年齢は、部下もできて管理職に就いてもおかしくない年齢です。

だから、30代で未経験からプログラマーを目指すなら、できるだけ短期間で身に着けたいところですよね。

そんなあなたにおすすめできるプログラミングスクールがコーチテックです。

ところが、コーチテックのようなプログラミングスクールに入ると、当然お金がかかります。

しかもその金額は数十万単位と高額です。

できればそんなお金を払いたくないというのが正直なところですよね。

でも、プログラミングに限らず、初心者が最短でスキルを身に着けるにはお金を払ってプロに教わることが一番です。

なぜかというと、お金を払った分、「払ったお金が無駄にならないように努力しよう」、「しっかりスキルを身に着けて、たくさん稼いで払ったお金を取り戻そう」という必死さがうまれるからです。

誰かに教わったとしても、必死さがなければスキルを身に着けることはできないでしょう。

逆に言うと必死さがあれば年齢に関係なく、プログラミングスキルを身に着けられるということですね。

コーチテックはむしろ30代という年齢にピッタリなプログラミングスクール!

コーチテックは、一般的なプログラミングスクールとは違っています。

  • あなたのレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラム!
  • 短期2ヶ月の集中学習!
  • 専属コーチによるコーチングスタイルなので挫折を防げる!

あなたがプログラミングの初心者であったとしても、あなたのレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラムを組んでもらうことができます。

また、コーチテックは2ヶ月間という短期集中のプログラミングスクールです。

短期間だからと言って内容が雑というようなことはありません。

現役のエンジニアが専属コーチとしてサポートしてくれるので、現場で本当に必要なスキルを効率よく身に着けていくことができます。

プログラミングスクールに通ったとしても途中で挫折する人も珍しくありません。

でも、コーチテックは週に一度、学習の振り返りや今後の方針を決めていく面談があらかじめ設けられています。

このため、面談時に「サボっていました・・・」なんて恥ずかしいことは絶対に言えないので、結果的にお尻に火が付いて挫折を防止できます。

令和の時代は年齢に関係なくITスキルを持っている人間が勝てる時代!

令和の時代になって早々、新型コロナショックという今まであり得なかった経験をしたことにより、社会が今までの働き方を見直すきっかけになりました。

皮肉な話ではありますが、テレワークやオンライン化に注目が集まり、今後はさらにIT技術が求められることになります。

そして、実際に今は圧倒的にIT人材が不足しています。

このような状態になった今、ひと昔前のように「35歳という年齢はプログラマーで言うと定年!」なんてことは到底言えるはずがありません。

だから、30代でプログラミング初心者という理由だけで転職を諦める必要はありません。

むしろ、この先の人生を安定させるためのチャンスと言えるでしょう。

年齢を気にせずコーチテックで転職に打ち勝つスキルを身に着ける!

令和時代の今、新型コロナショックという悲惨な出来事も発生したことにより、働き方は大きく変化しています。

日本には年功序列という考え方が長年続いてきましたが、現在ではナンセンスになっています。

つまり、年齢に関係なく、スキルを持っている人間が有利になる時代です。

プログラミングスキルを身に着けるのに早いも遅いもありません。

できるだけ早く身に着けることが賢明です。

そうすれば、これまでのように「転職したくてもできない」というようなことはなくなります。

転職に有利なスキルの1つとしてプログラミングスキルが挙げられます。

IT業界では圧倒的な売り手市場なので、プログラミングスキルを身に着けることができれば、転職先は引く手数多です。

「年齢も年齢だし、今の会社を辞めたら次の転職先はもうないかもしれない・・・」というような不安からは解放されるというわけですね。

その不安を解消するための方法の1つがコーチテックです。

コーチテックなら、2ヶ月という短期間で効率的にプログラミングスキルを身に着けられます。

もしあなたが、これまで年齢を気にして転職を諦めていたのなら、コーチテックはおすすめできるプログラミングスクールです。

それを確かめるためにも、まずはコーチテックの無料カウンセリングに申し込んでくださいね!

コーチテック無料カウンセリング

未分類
コーチテックの値段は?どんなプログラミングスクールなの?

コメント